相続調査と相続手続

相続調査と相続手続

1. 相続調査

相続が発生した場合に、遺産分割協議や遺留分減殺請求など紛争が発生しているかどうかにかかわりなく、財産がおありの場合は相続調査が必要です。
相続調査は、相続人調査と相続財産の調査に分かれます。詳細は後述します。

2. 相続手続

ここでいう相続手続は、遺産分割や遺留分減殺請求などが解決したり、元々争いがない場合の相続後の行うべき手続を言います。
 不動産に関する登記であったり、預金の引き出しや名義変更など様々な手続があります。詳細は後述します。


安心と笑顔を実現する法律相談