当事務所の3つの強み

特徴1. 弁護士と税理士のダブル資格により、税金、帳簿、預金等が絡む複雑な紛争案件に強い

弁護士と税理士のダブル資格
相続の紛争案件の豊富な経験と税理士としての会計税務の知識が相続の紛争解決に極めて重要となります。
 
相続には、法律上の問題と税務上の問題が絡みます。その両方の専門知識が問われる問題が非常に多いのが特徴といえます。
 
例えば、不動産の遺産分割には、賃貸物件や収益物件が含まれるケースが少なくありません。家賃等の収入は、法定果実として、相続開始前に発生した賃料収入は遺産として相続財産を構成します。しかし、それが相続発生前に一部の相続人が着服していたような場合は、被相続人の不当利得返還請求権の相続の問題となり、遺産分割協議の対象財産ではなくなります。

一方、相続発生後の家賃収入は、もともと相続財産ではなく、一部の相続人が取り込んでいたような場合には、原則として、不当利得返還請求権の行使により、取り戻すほかはありません。収益物件が絡む相続案件の場合、収益物件の建築や増築に伴って多額の負債を被相続人がおった状態で相続が発生することになりますので、遺産分割協議までに長期間放置されているようなケースでは、収益物件がその間、共有財産となり、家賃を共同相続人間で清算する際には、相続人各自が確定申告を行ったり、賃料の清算のために、キャッシュフローの計算を行ったうえで、清算することが必須となります。

こういった、税務申告や賃料清算には、法的知識のみならず、税務や会計の知識までもが必要なります。

多くの弁護士は、税務会計の知識が不足しており、その知識がある弁護士に依頼することが、適正な申告や、本来受領できる賃料収入を取得するためには必要となります。

特徴2. 不動産に強い

不動産に強い
当事務所の相続案件の特徴の第1は、土地や不動産が関係する相続案件を多く取り扱っていることです。

不動産は価値が高く、誰しも取得を希望する遺産であるがゆえに、残念ながら、紛争が生じる可能性が極めて高い遺産であるといえます。その不動産が関係する相続案件について、圧倒的な解決力が当事務所の特徴といえます。

不動産は自宅不動産だけに関わりません。農地や工場や賃貸物件など、他の法律や収益すなわち会計税務に関わるケースが非常に多くなります。

例えば、農地を遺産分割協議で一部の相続人所有として他の相続人を納得させつつ、換地などの情報を秘匿して、遺産分割協議の終了後に行政から多額の補償金を単独で独占的に取得していたことが後に発覚するケースや、一部の相続人が被相続人と同居して、被相続人の不動産をあたかも自己の収益不動産の様に管理し、収益の多くを自己のために費消しているケースなど、他の相続財産に比べて、遺産分割前に徹底的な調査を行う必要性が高いケースが多いといえます。
 
当事務所は、もともと不動産のトラブルや訴訟を多く担当してきた経験から、不動産に関する問題点をより多く事前に把握して、公平平等な遺産分割協議を実現することが可能といえます。

3. 相続事前対策に強い

相続事前対策に強い
当事務所の3つ目の特徴は、多くの紛争解決の実績から、相続発生前の事前対策に強いということです。

紛争案件を多く担当してきたという経験から、それを如何に未然に防ぐことができるのかという視点で業務を行っています。

相続の事前対策としては、遺言書の作成や、遺留分対策、相続税対策などがあります。

家族は最も大切なものです。遺産の多い少ないを巡って、家族がバラバラになる姿を多く見てきた経験から、最も重要なことはそれを未然に防止することだと確信しています。

あなたの大切な家族をお守りするのは、生前のあなたの行動にかかっています。

 

安心と笑顔を実現する法律相談