相続放棄と限定承認

相続放棄と限定承認

1. 相続には、単純承認と相続放棄、限定承認があります。

 単純承認とは、相続することを承認することであり、単純承認すれば、被相続人の財産を包括的に承継します。

2. 包括承継

 包括承継というのは、被相続人の地位をまるごと引き継ぐということであり、プラス財産はもちろん、負債などのマイナス財産も含めて、全部を相続します。これを包括承継といいます。

3. プラス財産よりもマイナス財産の方が多い場合、又は、プラス財産とマイナス財産のどちらが多いかわからない場合

 借金の方がプラス財産よりも多い場合は、多くの方はプラス財産も含めて、すべての財産を承継したくないと考えるのが通常です。
 そこで、認められたのが相続放棄と限定承認です。


安心と笑顔を実現する法律相談